オナ電を成功させる方法

オナ電とは、“オナニー電話“の省略言葉で実際に会ってセックスをするのではなく、電話で疑似セックスを行うというもの。
快楽を得たい時にするオナ電なので、自分の快楽のためにも相手の女性が気持ちよくなるためにも失敗で終わりたくないものです。
では、オナ電で成功させる方法をご紹介します。

囁くような声のボリューム

普段電話をする時って、普段話している声のボリュームで話をしたり、「電話だから…」と相手に聞こえやすい声で普段話す声よりも少しボリュームを上げて電話をする方がほとんどでしょう。
ですが普段の声のボリュームではエッチな感じが全くなく、電話で良いムードを作ることが中々できません。
オナ電をする時は相手に聞こえる位の囁くような声のボリュームが一番エッチで、ムードを作りやすかったりします。
オナ電前に「○○ちゃんとエッチしたくなっちゃった…」と言うと良い雰囲気を作ることができて相手の女性もオナ電をする心の準備がしやすかったりします。
また、囁くような声のボリュームで話すことで女性はあなたのことを近くに感じやすくなります。

男性側が積極的になる

実際のエッチはお互いに黙っていてもその場の雰囲気で言葉は何もいりませんが、オナ電となると無言という訳にはいきません。
なので、男性側が積極的になることでオナ電は上手くいきます。
オナ電で積極的になるというのは、“言葉を上手く使う“ことが大切です。
「おっきくなってきちゃった…」「○○ちゃんもう濡れてるの?」などと、普段のエッチでは言わないような言葉でも、オナ電の場合は言った方が恥ずかしさからお互いの興奮度が高まり相手の女性も気持ちよくなってきます。

オナ電前にメールで温めておく

電話で他愛もない話をし終わった後にいきなりオナ電に持ち込むというのはかなりの至難の業です。
きちんと雰囲気を作ることができずに失敗で終わってしまうなんてことも少なくありません。
なので、オナ電をする前に相手の女性とメールで温めておくといいでしょう。
「○○ちゃんって1人でしたりするの?」「どこが感じやすい?」「早く○○ちゃんとエッチがしたい」などと、相手の女性をその気にさせてムラムラさせておくとオナ電に持ち込みやすく、お互いに気持ちが高まっている状態なので成功しやすくなります。

まとめ:オナ電はそばに居る雰囲気作りが大切

お互いの快楽のためにオナ電をするのもいいですが、実際に会ってやるエッチではないので電話越しでは愛が感じにくかったりします。
なのでオナ電ではそばにいる雰囲気作りが大切で、囁くような声のボリュームで話すということと、実際にエッチをしているかのような声掛けが必須です。
お互いのことを近くに感じられるオナ電であればお互いに快楽を得られるだけではなく、愛を感じるものになります。